読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛カツダイアリー

時にはダウナーにいきましょう。

30/09/2016

また自分語りをしようと思う。

 

 

 

小学生活を野球に捧げた俺は特技と言えるものが何もなかった。5年間毎週の仮面ライダータイムを犠牲にし、週末のお出かけを犠牲にし、ひたすら汗と泥にまみれて野球に身を投じたが、その実力は並でお世辞にも特技は野球とはいえ無かった。だけども、野球を通じて得た出会いもあった。

「かっちゃん」。小学野球チームのチームメイトで、小学1年からの付き合い。

彼のカリスマ性は強烈で、いつも彼の周りには人が居た。かっちゃんは優しくて、足が速くて、おまけに爽やかなイケメンで、小学生のモテ要素を全部兼ね添えていた。俺はかっちゃんに完全に憧れていた。小学1年で出会い、それから毎日のように遊んだ。学校が終わると即帰宅、宿題もそこそこにかっちゃんの家に自転車を走らせた。鬼ごっこ、かくれんぼ、キャッチボール。できる遊びは全部やった気がする。小学6年の頃にかっちゃんの家に泊まり込んで徹夜でスマブラをやりながら食べた宅配ピザの味は今でも忘れられない。

かっちゃんは音楽が好きだった。小学6年の夏、いつも通りかっちゃんの家に行くと俺にギターを披露してくれた。衝撃的だった。なんだ、かっちゃん、かっけぇ。その日から俺はギターに興味を持った。家の押入れから古ぼけたアコギを引っ張り出し、親父にギターを教えてくれとねだった。コードを幾つか覚えてやっと音楽の真似事が出来始めた頃、かっちゃんは信じられないくらいギターが上手くなっていた。やばい。ギターじゃかっちゃんに追いつけない。そう思っていた折、ひょんなことからクラスの学芸会でドラムをやることになった。ドラムを叩くという経験は本当に刺激的だった。ドラムの魅力にすっかり取り憑かれてしまった俺は、中学1年の夏に10年間貯めたお年玉を使って電子ドラムを買った。これでかっちゃんと一緒に音楽ができる。そう思ってワクワクした。結論から言うとかっちゃんとは一度だけしか一緒に音を鳴らすことは出来なかった。

コブクロの轍。2人で練習して2人の母親に披露した。こんなに生き生きした2人を見たことがない、と言われた覚えがある。事実俺たちは最強だ、とまで思った。これからどんどんこの部屋で音を鳴らしていくのだと思っていた。それは叶わなかった。かっちゃんは引っ越してしまった。隣町の丘の上。今からすれば大した距離じゃない。でも同じ中学に通えなくなった2人の間にできた壁は大きかったのかもしれない。それからあまり遊ばなくなった。俺には俺の生活がめまぐるしく始まり、かっちゃんは自分の道をこれまで通り歩いていた。

それから、高校1年の頃に一度だけ電車であったきり、かっちゃんの姿は見ていない。

ドラムと並行して、「俺だって」の一心でギターを練習していた俺は今ではそれなりにギターが弾けるようになった。あの頃のかっちゃんよりも随分。でもあの頃感じた、友人に対するキラキラした尊敬の気持ちは今でも忘れていない。忘れられない。

いつかギター上手くなって、かっちゃんと2人で歌を歌うんだ、って気持ちも忘れちゃいない。

彼が「やるよ」ってくれた、ジムダンロップの赤のおにぎりピックは今でも宝物だ。

彼が元気でいることを心から祈る。

f:id:howmanymore11:20160930140554j:image

俺、上手くなったよ。

 

22/09/2016

曲がりなにりにも20年生きてきた。

一度も死にかけることなく、一度もお医者さんに泊まり込みでお世話になっとこもなく、概ね健康に19歳9ヶ月まで育ってきた。これまでで一番大きな体調不良といえば、小学四年の頃に海をプカプカ漂っていたタコを真水にさらしてその場で生きたまま食った時の食中毒。そんなもんでここまで生きてこられた。

 

ほぼ20年生きてきて、毎朝感じるのは後悔だ。ここ数年、相当無理して早起きした時以外に、自分の思考が最も明瞭になるのは通学路である。その明瞭な思考の大半を、ここ数年後悔に使い続けている。

後悔と言っても大した後悔は無いように感じる。「好きだった子に好きって言えてたらなぁ」とか、「もっと上手に人間関係を立ち回れたらなぁ」とか。今生きてる人の大半が感じてそうな、そんな凡庸な後悔である。

どうしてこんなしょうもない、凡庸な後悔のために自分にとっては貴重な明瞭な思考を無駄遣いするのかふと考えたことがある。

きっと、今の自分は余裕があるんだと思う。自分の恵まれた現状に甘んじているから、大したことない過去にいつまでもうじうじ時間を使えるのだろう。きっと今日を生きることで精一杯なら、後悔なんかしてる暇ないだろう。

そう考えると、朝のなんの生産性もない後悔にも向き合える気がする。

でもそろそろ卒業しないといけない気もする。俺だってもっと今を生きたい。

 

 

 

自己啓発みたいな薄ら寒い文を書いてしまった。なんじゃこりゃ。

f:id:howmanymore11:20160922171401j:image

東京、秋。

 

20/09/2016

突然自分語りや自分の好きな音楽なんかについてダラダラと書き綴りたくなったので筆をとっている。

 

 

 

メロコアと私」

中学1年生の時にエリック・クラプトンを聴いてギターに興味を持ち、中学2年の春にエレキギターを手に入れ、NirvanaSmells Like Teen Spiritを必死こいてコピーしている頃、ちょうど時を同じくして、地元のTSUTAYAで「人生を変える一枚」とキャッチコピーのなされたCDを見つける。Hi-STANDARDのMaking The Roadだ。そのコピーを見かけたとき、「んなわけあるかい」と心の中で嘲笑したのを覚えている。ハイスタについての予備知識も無かったし、興味も無かった。5枚で1000円のレンタルパックの最後の埋め合わせに、そういえばFACTがインタビューで名前だしてたっけな、くらいの気持ちでMaking The Roadを手に取った。

 

ヤられた。結論から言うと本当に人生を変えられた。何がそんなに心に刺さったのかはわからないが、Making The Roadを手に取ったその夜以来、ツービートの虜になってしまった。

f:id:howmanymore11:20160919010510j:image

Hi-STANDARDのMaking The Road。

 

さて、スマホを打つ親指が疲れてきたところでHi-STANDARDの中でも1,2を争うくらいに好きな曲でお別れしたいと思う。

 

Nothing - Hi-STANDARD

http://m.youtube.com/watch?v=Gfsn65JMipI

 

12/09/2016

気がつけば10日も筆をとって居なかったが、1日たりともこの日記の存在を忘れたことはない。ただただ書く意欲が無かっただけ。

 

9月の始めから、長野県は竜王まで、部活の夏合宿に行ってきた。

f:id:howmanymore11:20160912235525j:image

長野県 竜王。雲の上で4日間音を鳴らし狂った。比喩とかではなく本当に雲の上に居た。

まともに撮った写真はこれだけである。日記を書き始めた時の文言を全部忘れていて自分でも清々しい。

合宿の詳細を、と思ったが詳細も何もひたすら4日間ギターを弾いた。本当にそれだけの日々だった。

それだけ、とは言ったが、4日間も頭を空っぽにして音楽に没頭できる期間なんて本当にそうそうありゃしない事だと痛感している。このまま真っ当に大学生活を終えればどこかの企業に就職し毎日仕事漬けの生活を送る事うけあいだろうし、またこれまでの人生を振り返っても、家でボーッとして4日間を無駄にした経験はあっても、4日間必死こいてギターを弾いた経験なんてこの合宿以外では無い。本当に何も無い土地で、ひたすらギターを弾いて、少し休んで、またギターを弾いて、気の知れた仲間と同じ釜の飯を食って、またギターを弾いて、少し休んでギターを弾いて眠気の赴くままに人間の体温で温くなった部屋で湿気った煎餅みたいな布団にくるまり眠る。また起きてギターを弾く。こんな貴重な経験今じゃないと出来ないとあの4日間を振り返るたびに強く強く思う。文章は着地点を見失っているが、何を言いたいかというと、俺の居る部活とこの狂気に満ちた合宿とバンドはファッキン最高だという事。

バンド、やろうぜ。

f:id:howmanymore11:20160913000434j:image

肖像権の事が頭にチラついて貼ろうか迷ったが集合写真をアップさせてもらう。普段からツイッターなんかでこれよりもっとひどい写真を何枚もアップロードしている彼らからするとこれしきの写真は大した事ないだろう。ツイッターの写真って本当に世界中に向けてアップロードされてんだぜ。

02/09/2016

順調に筆が重くなっていき前回の更新から一週間以上が経過。こんなもんでもいいと思う。

 

先日、8月最後の遠出に三重の伊勢・志摩地方に行ってきた。

f:id:howmanymore11:20160902012610j:image

伊勢はなんだかんだで2年連続で、そして何回行ってもいい。日本人でよかったとあそこに行くたびに感じる。時間の流れが遅くなっていく感覚はいくつになっても不思議で心地よい。

 

今思い返すと食ってばかりの旅だった気がする。赤福赤福氷、串焼き、コンビニのおにぎり、その他諸々。

旅先で食おうが家の中で食おうが最後はひとつの茶色い塊になって排泄されゆく運命なのに何故こうも旅先での食事は美味いのか。毎日旅行すれば体重が簡単に増える気がする。

f:id:howmanymore11:20160902013010j:image

こいつは何度食っても美味い。

 

小雨の降る中、伊勢神宮での参拝を済ませ、次の目的地を目指す途中に偶々夫婦岩の案内板を発見。急遽そちらへ寄せて貰うことに。

f:id:howmanymore11:20160902013153j:image

ずっと降っていた雨が止み少し晴れ間も見えた。快晴の時には岩の間から富士山も見られるらしい。

 

猛烈に飽きてきたので続きはまた気がむいたら書こうと思う。

夏、終わるな。

f:id:howmanymore11:20160902013405j:image

f:id:howmanymore11:20160902013423j:image

〜感って言葉、便利ね。

23/08/2016

昨日は完全な思いつきで気の置けない間柄の人達と香川県に日帰りでうどんを求めて行ってきた。

1軒目は綾川町のはゆか。めちゃめちゃ美味かった。どれだけ美味かったというと丸亀製麺のクーポンアプリを衝動的にアンインストールしてしまうくらい美味かった。

f:id:howmanymore11:20160823221753j:image

はゆかの冷やしおろしぶっかけうどん¥320。 香川県に足向けて眠れねぇ。

 

二軒目は山下うどん。

f:id:howmanymore11:20160823221906j:image

かけうどん¥260(多分)

出汁が美味い。めちゃめちゃ優しい。写真に布巾を平気で写りこませるあたり本当に写真を撮るセンスが無いのがわかる。

 

実はうどんはこの二杯しか食べてない。うどんも突き詰めると小麦粉の塊。めちゃめちゃお腹いっぱいになった。

腹を満たした一行は海へ。

しかしまぁ本当に田舎の海は凄い。実在しないはずのノスタルジーに溺れる。故郷は大阪の薄汚い町だし幼馴染の美少女も居ないし悪ぶって下校中に学ランで防波堤の上で煙草も吸ったことないけど全部見えた。凄い。VR、仮想現実ってこういうことだよ。

f:id:howmanymore11:20160823222419j:image

なんだかめちゃめちゃ疲れたのでまだまだ書ききれていない旅の思い出はまた気が向いた時にでも書こうと思う。どうせ誰も見てないし。

f:id:howmanymore11:20160823222451j:image

生姜がそのまま備え付けてあった。こういうのにめちゃめちゃときめく。

20/08/2016

世間様がサマソニだレディへだと大騒ぎの中、かれこれ10年来の付き合いの車のメンテナンスに日産に来た。

基本的に日帰りメンテナンスの場合はディーラーの店舗内で待つのだが、その時に出てくるアイスコーヒーがいつも妙に濃い。

f:id:howmanymore11:20160820174741j:image

これが結構うまい。多分なんでもないインスタントコーヒーなんだろうけど、自分が車に乗ってディーラーに自分の車のメンテナンスをしてもらう、という子供の頃からは想像もつかない体験も相まって少しくすぐったいような気持ちになるコーヒー。

 

あーサマソニ行きてぇ