読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛カツダイアリー

時にはダウナーにいきましょう。

12/09/2016

気がつけば10日も筆をとって居なかったが、1日たりともこの日記の存在を忘れたことはない。ただただ書く意欲が無かっただけ。

 

9月の始めから、長野県は竜王まで、部活の夏合宿に行ってきた。

f:id:howmanymore11:20160912235525j:image

長野県 竜王。雲の上で4日間音を鳴らし狂った。比喩とかではなく本当に雲の上に居た。

まともに撮った写真はこれだけである。日記を書き始めた時の文言を全部忘れていて自分でも清々しい。

合宿の詳細を、と思ったが詳細も何もひたすら4日間ギターを弾いた。本当にそれだけの日々だった。

それだけ、とは言ったが、4日間も頭を空っぽにして音楽に没頭できる期間なんて本当にそうそうありゃしない事だと痛感している。このまま真っ当に大学生活を終えればどこかの企業に就職し毎日仕事漬けの生活を送る事うけあいだろうし、またこれまでの人生を振り返っても、家でボーッとして4日間を無駄にした経験はあっても、4日間必死こいてギターを弾いた経験なんてこの合宿以外では無い。本当に何も無い土地で、ひたすらギターを弾いて、少し休んで、またギターを弾いて、気の知れた仲間と同じ釜の飯を食って、またギターを弾いて、少し休んでギターを弾いて眠気の赴くままに人間の体温で温くなった部屋で湿気った煎餅みたいな布団にくるまり眠る。また起きてギターを弾く。こんな貴重な経験今じゃないと出来ないとあの4日間を振り返るたびに強く強く思う。文章は着地点を見失っているが、何を言いたいかというと、俺の居る部活とこの狂気に満ちた合宿とバンドはファッキン最高だという事。

バンド、やろうぜ。

f:id:howmanymore11:20160913000434j:image

肖像権の事が頭にチラついて貼ろうか迷ったが集合写真をアップさせてもらう。普段からツイッターなんかでこれよりもっとひどい写真を何枚もアップロードしている彼らからするとこれしきの写真は大した事ないだろう。ツイッターの写真って本当に世界中に向けてアップロードされてんだぜ。